@16bit_idol

Ruby系16bitあいどる の日常。
<< 着物で原宿 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ママエンジニアになった日から
この記事は、

子育てプログラマ・ITエンジニア・Webデザイナー Advent Calendar 2015



12日目のエントリとして書きます!イェイ

まず、自己紹介。

Ruby系16bitあいどる
ちーすけでございます!
2010年の10月に男の子を出産した
1児のママになります。

とある企業でエンジニアをしております。
そして最近、ありがたいことに
チームリーダーを努めさせて頂くこととなりました。

パパは、メディア関係のお仕事をしています。
IT業界ではありません。
フリーランス&メディア関係ということもあり
不定休だし、朝早い日もあれば夜遅い日もあります。

基本的に、保育園への送り迎えはもちろん
土日もほぼ1人で子守をしている状態です。

今まで記事を書かれていたエンジニアパパ達の話を読んでいると
都市伝説なんじゃないかと思うくらい皆さん
子どもや奥様への思いやりを形にされていて感動と同時に
嫉妬で狂いそうになりますねw

というわけで、パパがめちゃくちゃお仕事忙しくても
なんとかママ(自分)のキャリアを保ちつつ
楽しくお仕事をする方法というか
どうやって、その場所を確保したのか
を簡単に書いていきたいと思います。

> 苦労した妊婦時代〜産休復帰

私は元々、特定派遣でエンジニアをしていました。
ソレまでは特に不自由なく働いていたのですが

妊娠して、出産予定日が決まり産休をいつから取る

ということが決まり、「じゃぁ何処の現場に入るか」
となると案の定どこも妊婦なんて
リスクがある派遣を取りたがるわけもなく
なかなか仕事が見つかりませんでした。
が、それでも運がよくギリギリで良い現場がみつかり
現場の皆様(会社ではないw)が
出産頑張って祝いパーリーを開催してくれたりし
とても暖かく見送られ産休に入りました。

産休中も、特定派遣で本当に仕事があるのかと不安で一杯になり
転職活動をしましたが、大抵のところは丁重にお断りされてしまいました。

そして、予定通り出産し
子供が7ヶ月の頃には、仕事に復帰しようと
産休を開けようとするのですが・・・
なにせ特定派遣です。
10時から17時半までの時短で取ってくれる現場が見つからず
時短だからといって、給与は半額以下にされました。
この時に、私は厳しい現実に直面し寝る前にマジ泣きしました。
保育園も認可などは待ってられないので
私立のところに決めていたのですが、お給与が半額以下にされると
保育費より安いお給料。
何のために働くのか。。。わからなくなってきました。

それでも、たまたま現場がみつかり給与は半額以下で
とあるサイトの保守運用エンジニアとして現場に入りました。
が、これが酷かった。

勤務は約束通り、10:00から17:30。
しかし、17:35のバスに乗らないと18:30のお迎えに間に合いません。

みなさん、半まで仕事してて5分でビルを飛び出し
バス停まで行けると思います?
基本、無理です。
また、夜泣きました。

しかし、現場のエンジニアさんがパパになりたての方で
事情を話したらわかっていただけ
35分のバスに間に合うように何時も上手く誤魔化してくれました。
本当にあの時は有りがたかったです。今でも感謝していますし飲み仲間ですw

転職しようとスカウト頂いた会社さんに返事をしましたが
やはり、休みが多くなるかもしれないという事などが
ボトルネックになりなかなか良いところが見つからず
エンジニア仲間にも色々相談したこともありました。

流石にコレでは先が思いやられる・・・
とこれからどうしようと悩んでいた、その時
昔、とある現場で一緒に働いてた方から連絡がありました。

最近、新しいサイトをオープンしテクサポ的な人を
探してるんだけどやらない?
会社には保育所もあるし、時短でも良いって社長言ってるから!


という、なにこれ神様って本当にいるの?
みたいな話が舞い込んできました。
社長との面談時も素直に全部話しました。
 
  • 子供は私が面倒をみなくてはいけない。
  • なので休みが多くなる。
  • みんなに迷惑をかけることが多くなるともう。

ですが、社長は「それでも、いい来月から来てくれ」
と2つ返事でOKしてくれました。

それが今も働いてる会社でございます。
半額以下にされた給与も、元に戻り(というか上がったw)
17時半に仕事が終わって普通に電車に乗れば
18時半のお迎えに間に合う余裕ある生活に戻れました。
チームのみんなも本当に良い人ばかり。
働きやすい会社でした。

当時は、子供が居るとこんなにも
自分の思うように働けないものなのかなど悩みました。
自分の母親に愚痴ったことも有ります。
その度に言われたのが、
「大丈夫、子供は天使。幸せを運んできてくれるよ。」

悲観的になったり自暴自棄になりそうになった時は、
この言葉を思い出し諦めずなんとかもがいていました。
捨てる神あれば拾う神あり
きっとこの世界の何処かには仕事があるんだと思いました。

なので、これから同じ様な事になりそうな人には
諦めないで欲しいと思います。
ダメ元でも動くということが本当に大事だと思いました。
今は比較的、ママエンジニアの採用を積極的に行っている
会社さんが多くありますので当時よりは働きやすくなっていると思います。


> エンジニアとして人としての欲求を満たす

そんな訳で、転職に大成功し順風満帆に働いていたのですが
ここで出てくるのがこの欲求。。。
 
  • あのコミュニティに参加たい!
  • あのカンファレンスに行きたい!!
  • 飲みに行きたい!!!

送り迎えを私が担当している以上
平日夜のコミュニティ参加なんてできません。。。
SNSなどから流れてくる楽しそうな情報に
指を咥えて見ているしかありませんでした(´・ω・`)

そこで、母が子守をしてくれる日を見つけて参加するようにしました。
母も働いているので1ヶ月に1回あるかないかですが
私にとっての楽しみ息抜きになりありがたかったです。

そんなこんなでママエンジニアとして働き始め
以前よりも確実に充実した日々を送れるようになりました。

子供が大きくなるにつれて、
手もかからなくなり始めてからは
更にいろいろな事が出来るようになり

子供を連れて渋谷Ruby会議に出たり、
コミケでとあるサークルさんの売り子をしたり
とあるサークルさんで記事を書いたり
うんもちというコミュニティを立ち上げイベントを主催したり

エンジニアとしての楽しみも増え始めました。

また、お休みも取りやすく、
たまーには、有給をとってリフレッシュしています。
1人でボーッと珈琲を飲む時間も大事ですw

極論としては、育児に参加しまくれそうな人
を見つけろって話ですが。。。
世の中そう上手くは行かないこともあったりします。
そんな時、私みたいなママエンジニアも
居るんだなって思いだしていただき
どこか参考になる箇所があれば幸いです。

本当は、この倍くらい色んな苦労有りましたが
書いてるとキリがありませんので
一番思い出深く苦労した部分を抜粋してみました。

随分と長くなってしまいましたが、
最後まで駄文にお付き合い頂きまして
本当にありがとうございました。

明日は、zaruさんです!
どんなお話が読めるのか楽しみですね(*´∀`)
それでは・・・
| ちーすけ@16bit_idol | - | 21:02 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:02 | - | - |
私の友人は夫を信じて今までの苦しみも耐えたけど裏切られて死に追いやられました。幸せは急に消えると、目の当たりにしました。強く居られるのは子供がいるからでしょう
| k | 2016/03/06 6:29 PM |











一番上へ